So-net無料ブログ作成
検索選択

ブロアモーター交換 [メンテナンス]


N愛用のミラ(L700S 初期登録平成11年)の総走行距離が10万キロに近づいたので

先日受けた車検と同時にタイミングベルトウォーターポンプを交換しました。

TMB01.JPG
<ポンプなど>

TMB02.JPG
<ベルト>

その後、間もなくエアコンが、突然動かなくなってしまい、ネットであれやこれやと調べたところ

自分で交換ができることを知りました。

自分でできるとなれば、迷うことなかれ早速、自分で取り外して
モーターを分解したところ、鉄粉がモーター内部にたまっていました。

ブロア00.JPG
<エアブラシ清掃後の状態>

モーターのブラシもすっかりすり減っていて、接触があまくなり回らなくなっていたんです。

ブロア01.JPG
<ブラシは限界まですり減っていた>

状況は把握したので、とりあえずそのまま戻したけど、モーターをキレイにしたから微かな希望を

持って、エアコンスイッチをON!!

モーターからの異音がすごく、しかも風はほとんど感じないくらい・・・

しばらく走行し、また始動してスイッチONにすると、まったく動かない・・・

必殺キックをくれてやると、異音とともにモーターが回りだした!! 風は超微風(笑)


そんなこんなで、ブロアモーターの部品番号を調べ、ネットでGET!!

さて、いよいよ装着!! 

取り外しには、手順と構造がわかっていればそれなりにできます!


ブロア000JPG.JPG
<ネジ位置画像>

ソケット:ソケット側面をグッと強くつまんで取り外す 2か所 (黄色)
②ネジ×3 (赤色)

ブロア0034OK.JPG
<モーター側のツメ>


ブロア0031.JPG

ブロア0033ok.JPG
<モーター受け側>

 受け側の位置は、「ネジ位置の画像」では見えないけど、右下ネジのすぐ上。


ネジとソケットを外したら、手前に引き出す前にモーター側の「ツメ」を手前に引きながら、
時計回りに回転させてから、②モーターを引き出す。

マニュアル車の場合はここからが、知恵の輪的なセンスが必要なんです!!

・・・

・・・   説明としては、 回転させてからファンの内側に周りの突起部分を入れながら外す・・・ かな?!


マニュアル車の場合は、クラッチがあるからその固定部品に当たってしまうんですが、
オートマチック車なら(見たことないけど)たぶんすんなり取り出せると思う。


ブロア001.JPG

純正品の新品がどんなもんかわからないけど、純正同等品(画像左)はピカピカだ!!


最初にブロアモーターを脱着した時は、知恵の輪(モーターの取り出し&はめ込み)に
かなり時間をとられてしまい汗だくだったけど、今回はすんなりと脱着できたました(^_^;)  


さー 装着も完了して いよいよ スイッチ ON!

おー!!

異音は全くしない、風量MAXでも超微風だったのが、かなり風圧を感じるほどに改善!!

今日は最高気温30度!! エアコンの快適性をあらためて実感した日となりましたとさ(^^)/


ディーラーにブロアモーター交換を頼んだら3,4万くらいとのことだったから、ちょっと得した気分!


構造が比較的簡単な古い車だからこそ、メンテナンスできることもあって楽しい時間を過ごせたかな(*^_^*)

でも でも  致命的な故障は起きないように祈ってます!!

おわり [サッカー]
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
メッセージを送る

ジオターゲティング

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。